ラベル 近況 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 近況 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

初めての講演、そして


バタバタしていて一日空いてしまいました。
〆切が。講演の準備で中断していた仕事が。


「準備万端ならば緊張しない」

何かで読んだ言葉を信じ、講演に向けて、
思いつくことは全部やりました。

60分+α分の原稿を書き、
「大人の女の話し方」を始め、
講演のマニュアル本を4冊読み、
北原白秋の「五十音」を口ずさみ、*
カラオケボックスで練習も。

ですが、思い及ばなかったことが。
マイク!

演台に置かれた、高さ50センチほどの
マイクスタンド。
蛇腹状の、湾曲するタイプのもので、
不慣れな私は距離感が上手く掴めず。
大人の女、マイクにぶつかりまくり……。


そんな、初々しい(すみません)こともありつつ。
読者の方たちと、お目にかかれて本当に嬉しかったです。
「講演は人に何かを与えるもの」と読みましたが、
私の方が、たくさんいただいてしまいました。恐縮です。


「出る」の次は「出す」を。
いつか、今回来てくださった方に、
「あいつがマイクにぶつかってるの見たことあるー」
と自慢してもらえるように、励みます!


*滑舌の練習、兼、顔の体操


愛知県学校給食研究大会


人生初の講演を。

本日、愛知県学校給食研究大会にて、
60分一本勝負、してきました。

愛知県学校給食会の方が、
「給食のおにいさん」を読んでくださったのが
きっかけで、お声掛けをいただいて。

つたない話を聞いてくださった
600人の皆さま、
そして、慣れない私をサポートしてくださった
主催者の皆さま。
ありがとうございました!


まずは、壇上でお約束した、
時間の都合でカットした話を。

と、思っていたのですが、
帰りの新幹線で原稿を見直したら、
改めて書くべきほどのものは、
そんなになかった……。すみません。


「『給食のおにいさん』を書く上での取材エピソード」

に、ついては、質問をいただいて
お答えしてました。

言いそびれたことといえば、
本を出して、「これです」と見せられるものが
できてからは、
取材に応じていただけたり、
協力していただけることが増えてきた、ということ。

「給食のおにいさん 浪人」のときの、
取材エピソードを、いくつかここで書いています。
よろしければお読みください。


質疑応答、短い時間でしたが
たくさん、貴重な意見をいただきました。
質問してくださったお二人に感謝です。

これも言いそびれましたが、

深津先生ファンの弟さん、家庭科の授業に携わる皆さまに
どうぞよろしくお伝えください。


続きは改めて。



名古屋といえば!
帰りの新幹線にて。



謹賀新年


あけましておめでとうございます。


今年は表に出る・出す、年にします!

初の講演など、
いくつか新たなチャレンジも控えていますが、
勇気をもって挑もうと。


応援してくださる皆さまとも、
もっと接する機会を持ちたいです。

いつもありがとうございます。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

皆さまにとって、新しい一年が佳き年でありますように。



 遠藤彩見


みんなで一人旅



遅ればせながら。

小説すばる 8月号で、短編小説を書かせていただきました。

タイトルは「みんなで一人旅」。

心の傷を癒やそうと、人生初の海外旅行を決めた三十歳女子。
選んだのは、お一人様参加限定のイタリアツアー。
安全で快適な5泊7日のはずが、予想外のことばかり起きてーー。

宜しければお読みください!





フィエーゾレ、2009年。


近況は相変わらずの引きこもりです……。

TOP SECRET

小説現代2016年7月号で
コラム「TOP SECRET」を書かせていただきました。→ e-hon

お題は“私がハマっているもの”。

担当編集者さんが、
「遠藤さんの作品のルーツを垣間見た」と言ってくださいました。ふふ。
食関連ではありません。

宜しければお読みください。


家に籠もりきりで近況写真が無い……。

思い出ステーション


16日発売の「小説すばる」(集英社)2月号のコラム、
「思い出ステーション」を書かせていただきました。

小説を書くきっかけにもなった……かもしれない、
思い出の一コマ。
よろしければお読みください。


オンステージ



月刊J-novel、2015年1月号「オンステージ」にて、
エッセイを。

食に興味を持ったきっかけや、ヨーグルト断食について書きました。
宜しければご覧ください。


2014年は「給食」を通じて、
たくさんの出会いに恵まれました。
しかし後半は、いろいろと遅れてしまい、
みんな来年に持ち越し……。


2015年ですが、
まずは食をテーマにした短編連作集が出る予定です。
遅れた分、より良いものにできるよう励みます!

新しい一面を、
お見せすることができますように。


皆さま、
今年も一年、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。

マダム・マロリーと魔法のスパイス



9月20日発売の「青春と読書」(集英社)にて、

小説「マダム・マロリーと魔法のスパイス」を紹介しています。

料理を武器に人生を切り開いていく、インド人シェフの物語です。

笑いあり涙あり、困難を乗り越え、辛さと折り合い、
たくましく生きていく登場人物たちの姿に励まされます。
もちろん全編、美食また美食!

ディズニー制作で映画化もされました。

11月1日(土)に公開に先駆けて、試写で観てきました。
原作よりは甘めのテイストですが、
シンプルに幸せな気持ちにしてくれる、素敵な作品でした。

もちろん、映画も美食尽くし。
今すぐカレーとフレンチを食べないと
生きていられないような気分になります。笑

食欲の秋にぴったりの小説です。
読んでから映画を観ると、一つのシーン、一瞬の映像からも
裏にある幾つもの物語を思い出せて、より楽しめると思います!





映画ではヘレン・ミレンが演じている、
マダム・マロリーの格好よさに感服。
見習って今、背筋を伸ばすように気をつけています。




肉と卵に弱いので、フレンチはあまり食べられないのですが、
運よく、映画を観終えたあとに
「魚尽くしのフレンチ」を食べる機会が。
映画の気分とともに、おいしくいただいて幸せ。


カレーはまだレトルトで食べたのみ。
引き続き格闘中です。

食の検定

書いて書いて書いて書いて、
昨日、ようやく一息ついたところです。
あと50日!



たいぶ日が過ぎてしまいましたが……。

6月に受けた「食の検定」、3級に合格しました。

「居住地域の食に目を向けつつ、
望ましい食生活を送る上で必要な、
農作物の生産から消費までの基礎的な知識を持つ人」

です、私は! 笑

時間がなかなか取れず、
勉強といえば、お風呂でテキストをひたすら音読して、
あとは直前数日に過去問題集と格闘。

合格したのは過去問題集のおかげです。
出題の傾向や問題文のクセ(引っ掛け問題が結構ある)も分かるし、
要る部分だけピンポイントで勉強できました。

それと「ダジャレで覚える必須事項」もついていて、
これがかなり大切。
全部覚えておいて正解でした。

でも試験中に思い出していたら、笑いそうになって苦しかった……。


近況

7/1から7月末まで、
メンテナンスのため画像が表示されないことがあります。すみません。

書いて悩んで書いて悩んで、の日々です。
お披露目は秋。
頑張ります!



骨格矯正の春

引き続き、お寺ネタの探求中です。
静かなお寺をうろつき、資料で「御仏の言葉」などを読み、
先日一泊修業で教わった瞑想もときどき。

そのせいかこのところ、妙にフラットな心持ち。
心身ともに春霞に包まれてしまったような。
悟りの疑似体験、なんてね。






↑毎年楽しみにしている新宿・常円寺の桜。

昼、夕方、そしてライトアップされる夜。
時間帯ごとに色を変える桜が見たくて、ついつい寄ってしまいます。


今、カイロプラクティックで骨格矯正中。
二週間に一度通院して頑張っています。

いや、施術を受けるだけなんですけどね、
痛みがなかなか大変で。
痛いよ!

一番の目的はX脚の矯正で、
ふくらはぎのゆがみを伸ばしたり、
骨盤から張り出した大腿骨を内側に押し込んだり、
というのがメインなのですが、
他にも鎖骨の位置を下げて首が長く見えるようにしたり、
肩甲骨を平たくして姿勢を良くしたり、と、
身体の各パーツを正しい位置に戻していきます。

施術を始めてそろそろ八カ月目くらい。
「僕の努力をムダにしないでね!」
と先生がいうので、体操もして食事にも気をつけるようになり、
このところ少しづつ効果が目に見えるようになってきました。

そんなに細くはなっていないけれど、
前よりはゆがみが取れてきている……と思います!


いつも不思議に思ってしまうのは、
“足首のねじれを取る”のに両手の指の間接を伸ばしたり、
“骨盤を整える”のに背中をグキッとやったり、
整える場所と施術する場所が違うところ。

“すべては繋がっている。すべてがバランス。
大切なのはバランスを整えること”
なんだそう。


ここにも悟りが!



お寺で一泊二日

取材でお寺の宿泊坐禅に行ってきました。

一泊二日で朝夕の坐禅に法話、
お勤め(お経を読む)に作務(掃除)。

座禅は初めてなので緊張していました。
肩を打たれるじゃないですか。痛いのかなと。
背後で住職さんが立ち上がった瞬間、
“ああ来る!”みたいな。笑
(大丈夫でした)

でもそれを越えたら、あとは心地よい境地に。

腹式呼吸。頭を空に、無に。
自宅で瞑想をしてもなかなか続かないのに、
かなり楽に心を持っていけた気が。

場所とか漂う気のせいとかもあるんでしょうね。
静まり返った広ーい座敷を独り占めで、
窓の外の山並みを眺めていても、
頭の中がスーッと無に。

無になってばっかりでしたが……。笑

ちょっとは雰囲気もつかめたかも?



食事は精進料理。美味しかったです。
作り方を伺おうと思ったのに、
頭の中が空で忘れました……。

味つけ

今年もあっという間にひと月が過ぎ。

読んだり書いたり、の他に、
とある仕事に向けてのメニュー試作を再開したところです。
ようやくIHコンロにも慣れたので。


料理は作り手の気持ちで味が変わるもの。
怒っていれば味は濃く、しょっぱくなり、
イライラと手荒くおろした大根は辛くなる*。
上の空でしっかり水を切らないと味もぼやける。

味やシチュエーションのほかに、
作り手の気持ちも想像しながら取り組んでいます。

楽しいですがちょっと太りました。


* 細胞が壊れて辛み成分が多くなるから





左手でマウスが使えるようになりました。

右手でメモを取りながら操作できるようになって便利です!
気のせいか肩こりも減ったような。

左手マウスは
右脳:五感を活性化する効果もあるそうで。

私は理論先行の左脳タイプらしいので、
ちょうどいいかも。どうなるか楽しみです。



新しい年に向けて

2012年もお世話になりました。

この年末年始は“遠足の前の夜”のような気分です。
雨が降ったり熱を出したりしないよう祈りつつ、
はやる気持ちを御節づくりにぶつけています。笑

2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

どんな山野が待っていても、知恵と勇気で乗り切っていきます!




↑フレッシュネスバーガーのフォーチュンマドラー・2012。

意外と、その時の気持ちにぴったりのものが来るんですよ。

四月に引いた一番上のから始まって、
何となく一連のストーリーにも読めるのも面白いところ。

"Visit new places. Meet new people."

おととい引いたもの。来年の目標はこれで。

食物月

再始動、再起動。な今日この頃。
地味に書き続けているのは相変わらず、です。


今年の私の食物月(おしものづき・十一月/霜月の別名)は、
思いがけないキッチンの大リセットに追われていました。

先日、引っ越したのですが、移転先は人生初のIHコンロ物件。
火はないけれど三宝荒神様にお供え*をして、
シリットの圧力鍋とIKEAのシチュー鍋の二つのみで新生活を始めました。

こんなに鍋が少ない生活も人生初ですが、
意外と何とかなりました。笑

他のものもこの機会に思い切って大処分して、
今、何をどう買い足そうか計画中。

必要なものは? 数は? 大きさは?

キッチンのことを考えつつ、
自分の基本的生活もついでに見直しているところです。

合間の楽しみは赤ワインを飲みながらX-Factorの録画を観ること!


*三宝荒神様にお供え:
引っ越し前にキッチンに醤油・塩・味噌を三角形に置いて何日か供え、
その三つを切らさないようにするとお金に困らないで済む、そうです。






↑明治神宮。

引っ越してから、よく通るようになりました。
清正の井は初めて。平日の午後だったせいか並ばずにすみました。


日々神頼み、という訳ではないのですが、
この世には見えない大きな力があると思うと、
多少なりとも謙虚になれたり、焦りが和らいだりします。

うらがわ

ご無沙汰しました。 

前回「引きこもり中」と書いたそのまま、
引きつづき三カ月半(!)過ごしてしまいました。

いま創っている世界にずーーーっと潜りっぱなしで、
ようやく浮上して息つぎができたところです。

なかなか思うように進められず、
周りにもずいぶん迷惑を掛けてしまいました。

全力を尽くすしかないです。
引きこもるくらいなんとも。




たまの気分転換。

東京都現代美術館で「特撮博物館」を観てきました。
ミニチュアやジオラマが好きなので。

面白かったのは上映していた特撮短編映画のメイキング映像。
「CG禁止」というテーマの元、 アイデアを出し合って作り上げていく過程の記録。
夢中な姿、たくさんの笑顔。大変だったでしょうが、
「好きなことをしている幸せ」が伝わってきて素敵でした。




「ゴルバチョフ=レーガンを操った大占星術」

アメリカのレーガン元大統領が、現役時代に頼っていたという
占星術師の暴露本。

母親を亡くした直後の占星術師に
「ゴルバチョフとの会談に行くべきか今すぐ教えて」と迫るくだりは強烈。
頂点に立つ人間(と、その妻)の不安と孤独がどれだけ凄まじいかを
感じさせられた本でした。



ちなみに私は某海外占星術サイトによると、
4/10から9/18までがキャリア見直しの期間なんだそうです。
当たっていたのかな。もうすぐ判るでしょう。

発酵中

冷蔵庫探偵の最終巻・3巻、発売中です。
よろしくお願いします。 


近況は、読んで書いて読んで書いて、の日々です。
久々で初めてな仕事中。 

そして、発酵してきたものもいくつか。
引き続き、適温を保って上手く発酵させていきたいです。
熱し過ぎず、冷め過ぎず。



焼きたてフォンダン・ショコラで誕生日を祝ってもらいました。幸せでした。

そして酔っ払い、なぜか駅で、プレゼントでもらった東袋を頭に巻き始め、
全力で止められました。今年こそ節度を持って飲めるようになります。

謹賀新年

新春を迎え
皆様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます


今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2012年は、温めてきたいくつかの事が
そろそろ発酵してくる頃かと。
いい塩梅で形にできればと思っております。


遠藤 彩見




今年は個人的にも、いろいろと発酵させてみたいです。

発酵食品が好きでして、
暮れに新潟に行き、発酵の町・沼垂(ぬったり)を歩き、
日本酒に塩麹に納豆、味噌、等々を買い込んできました。

酒屋や麹の店の方に、お勧めの本なども教えてもらって
かなりやる気を出しております。

ページをめくる

腰を痛めて引きこもり。
家で読書の日々でした。

“ページをめくる”ことは、能動の楽しみ。

当たり前のことなんですけど、
百田尚樹さんの短編集「幸福な生活」で、
そのことを改めて考えさせられました。

どのエピソードも、ラストのページをめくるのが本当に楽しかったです。
手を止めて、予想したり高めたりするのもまた。





写真は左上から時計回りに、
新しいことを学び→鯉と遊び→(ここで腰を痛め)→読書→(ちょっと復活して)→今年のらっきょう2キロ。


腰を痛めた時、ちょうど手元に仕事で使った「世界の名言集」が。
臥せりながら、何となく読み込んでしまいました。

「神は舵を与えるが、悪魔は帆を与える」

セルビアのことわざ。

舵をとる手も、ページをめくる手も、本質は同じかと。
果敢に、そして、できることなら楽しみたいです。
知らない場所を目指すこと、新しいページをめくること、を。

灯り

東日本大震災、被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

今はまず、一刻も早く、事態が落ち着くことを祈っています。
心の灯りが消えることのないよう、
一日でも早く、安全に過ごして戴ける日々が戻りますよう願っています。
そして、その気持ちを形にし続けていかなければならないと思っています。


「明かりを消して、輝く未来を」


明るいうちにできるだけのことを済ませ、
夜はロウソクの灯りで過ごすようにしています。

最初はうっかり、アルミカップのロウソクが4つ固定できる、
浅いキャンドルホルダーを使用。
余震で慌てて吹き消したら、溶けたロウが飛び散り、
顔と髪、テーブル、床に……。

こんなのは私だけでしょうが、
ロウソクを使う時はご注意を。深めの入れ物で。