ラベル 給食のおにいさん の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 給食のおにいさん の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

初めての講演、そして


バタバタしていて一日空いてしまいました。
〆切が。講演の準備で中断していた仕事が。


「準備万端ならば緊張しない」

何かで読んだ言葉を信じ、講演に向けて、
思いつくことは全部やりました。

60分+α分の原稿を書き、
「大人の女の話し方」を始め、
講演のマニュアル本を4冊読み、
北原白秋の「五十音」を口ずさみ、*
カラオケボックスで練習も。

ですが、思い及ばなかったことが。
マイク!

演台に置かれた、高さ50センチほどの
マイクスタンド。
蛇腹状の、湾曲するタイプのもので、
不慣れな私は距離感が上手く掴めず。
大人の女、マイクにぶつかりまくり……。


そんな、初々しい(すみません)こともありつつ。
読者の方たちと、お目にかかれて本当に嬉しかったです。
「講演は人に何かを与えるもの」と読みましたが、
私の方が、たくさんいただいてしまいました。恐縮です。


「出る」の次は「出す」を。
いつか、今回来てくださった方に、
「あいつがマイクにぶつかってるの見たことあるー」
と自慢してもらえるように、励みます!


*滑舌の練習、兼、顔の体操


愛知県学校給食研究大会


人生初の講演を。

本日、愛知県学校給食研究大会にて、
60分一本勝負、してきました。

愛知県学校給食会の方が、
「給食のおにいさん」を読んでくださったのが
きっかけで、お声掛けをいただいて。

つたない話を聞いてくださった
600人の皆さま、
そして、慣れない私をサポートしてくださった
主催者の皆さま。
ありがとうございました!


まずは、壇上でお約束した、
時間の都合でカットした話を。

と、思っていたのですが、
帰りの新幹線で原稿を見直したら、
改めて書くべきほどのものは、
そんなになかった……。すみません。


「『給食のおにいさん』を書く上での取材エピソード」

に、ついては、質問をいただいて
お答えしてました。

言いそびれたことといえば、
本を出して、「これです」と見せられるものが
できてからは、
取材に応じていただけたり、
協力していただけることが増えてきた、ということ。

「給食のおにいさん 浪人」のときの、
取材エピソードを、いくつかここで書いています。
よろしければお読みください。


質疑応答、短い時間でしたが
たくさん、貴重な意見をいただきました。
質問してくださったお二人に感謝です。

これも言いそびれましたが、

深津先生ファンの弟さん、家庭科の授業に携わる皆さまに
どうぞよろしくお伝えください。


続きは改めて。



名古屋といえば!
帰りの新幹線にて。



お嬢様と「浪人」


「給食のおにいさん」シリーズあらすじ記事一覧) 最新刊

「給食のおにいさん 浪人」 Amazone-hon)

裏話その4は、お嬢様学校卒業生の取材について。


超お嬢様学校・白蘭女子学院中学校に
舞台を移した前作・シリーズ4巻、

「給食のおにいさん 受験」Amazone-hon

に、思いがけず、お嬢様学校出身者からも感想メールをいただきました。


「私の中学校時代もまさに、サバイバルでした」


彼女の出身校は、エルメスのスカーフを
お弁当包みにしている生徒がいるという噂のお嬢様学校。
そして、彼女は「カトレア」。公立小学校出身の外部生。

年齢は二十代後半、華奢で可愛らしい方ですが、
仕事先で初めてお会いしたとき、
落ちついてるなあ……、と感心しました。
きりっとした立ち振る舞いや、
冷静な受け答えのせいだけでなく。
何でしょう、オーラと言いますか、
動じない、腰が据わっている感じがして。


取材をお願いし、中学校時代のエピソードを
聞かせてもらうこと二時間。
その落ち着きの理由が分かった気がしました。

「カトレア」の4人は、彼女を四つに分けて作ったキャラクター。
四人の抱える悩み苦しみを、彼女がは一人で経験したのです。
まさにサバイバル。
書きながら、中学校時代の彼女の辛さを思って胸が痛みました。


上手く書けたかな……とドキドキしつつ、
完成した5巻を彼女に送ったところ、

「作品に活かしていただいて、サバイバル時代のことも経験して良かったと思えます」
「お焚き上げされたよう」

と言ってもらえて一安心。

初めての、「苦悩」の取材を通じて、
取材する側の責任というものを、学んだ気がしました。


もちろん、苦悩以外のエピソードもたくさん。

同級生の豪邸の中だけで映画が撮れる、
(バー、ジム、パーティールーム、広大な庭など何でもある)
というエピソード、使いたかったです!


フードバンクと「浪人」

鳥取地震の被害に遭われました皆さまに
お見舞い申し上げます。
お住まいの皆さま、不安な思いをなさっていることと思います。
どうかご無事でいらっしゃいますように、
そして一日も早く、安心して過ごせる日が来ますよう、
心よりお祈りしております。




「給食のおにいさん 浪人」のために、
フードバンクで二度目の取材をさせていただいたのは、
熊本地震のあと、五月に入ってすぐでした。
熊本に向けて食料を大量輸送している、慌ただしい中で
ご協力いただいた
セカンドハーベスト・ジャパンの広報・田中さん、
そしてスタッフの皆さまに、改めて御礼申し上げます。

セカンドハーベストジャパン


フードバンクについて知ったのは、
「給食のおにいさん」シリーズの担当編集者、
Kさんに、東京新聞の記事(2015年8月27日)をいただいたのがきっかけです。
すぐに「フードバンク 東京」で検索して、
2回ほどボランティアに参加させてもらい、
その上で改めて取材をお願いしました。


いま、フードセキュリティ
(安全かつ充分に栄養のある食べ物を得られること)
が欠けている人は、約230万人いると見積もられているそうです。

パントリー業務という、
食料困窮者に送る食品を詰め合わせる作業をさせてもらったのですが、
最初に携わり、現実を目の前にしたときの、
身のすくむような思いは、一生忘れないと思います。




知ったこと、感じたことは、
書ける限り、作中に書いております。
未読の方、よかったら読んでやってください!


「給食のおにいさん 浪人」 (幻冬舎文庫) Amazone-hon

「給食のおにいさん」シリーズあらすじ記事一覧




ボランティア参加者のサインが一面に。
私もさせてもらいました。緑色の英文字で。


作中に登場する、
タクシーのエピソードは実話です。実話なんです……。



ホテル給食のシェフ



「給食のおにいさん」シリーズあらすじ記事一覧

5巻、発売中です。

「給食のおにいさん 浪人」 (幻冬舎文庫) Amazone-hon


裏話その2は「ホテル給食のシェフ」をご紹介。

ご協力くださったのは、同志社小学校で給食を作っている、
小林宏行シェフ。

同志社小学校HP「給食について」


グランドプリンスホテル京都に伺ったのは三月のこと。
お忙しい中、「給食のおにいさん」を読んでくださっていて、
「あそこまで生徒と関わることはないですね(笑)」と。

実際の調理場に入ることは叶いませんでしたが、
給食作りの流れを記録した映像を見せていただきながら、
お話を伺うことができました。
緊張しつつ。*


「食べてもらえなければ、食べてもらえるように考えるまで」
「ヒント? 日常から」
「心の引き出しに蓄えたものが、食材を見ると出てくる」

どんな問いにも、ぴしっ、ぴしっと即答してくださるので、
ついていくのに、いや、質問するのに必死でした。

小林シェフは、宴会調理を中心にキャリアを重ねていらしたそう。
あの冷静沈着さ、反応の早さは、
大量調理の現場に長くいらっしゃることもあるのかな……と、
あとになって思いました。


同志社小学校では、子どもたちに大人気で、
「シェフー」と慕われているそう。

取材後、追加の質問に対する回答の最後に、

「おきばりやす」

と、さりげなく書いてくださったのを見たとき、
人気の秘密が分かった気がしました。


*緊張しすぎてボイスレコーダーを使うのを忘れました。



給食の先生



「給食のおにいさん」シリーズあらすじ記事一覧

5巻、発売しました!

「給食のおにいさん 浪人」 (幻冬舎文庫) Amazone-hon

写真は昨日、8日の新聞広告です。


今回、初めて取材協力のクレジットを入れさせていただきました。
裏話その1は、「給食の先生」栄養教諭のお二方を紹介。


Tomomi先生とメールをやり取りするようになったのは、
2年前、「給食」の感想メールをいただいたのがきっかけです。
毛利先生より、少し下の世代の方かと。

詳しくご紹介できないのが残念ですが、
以前は中学校、現在は小学校で
給食調理に食育指導、熱く真っすぐに頑張っていらっしゃる方です。
今回、質問を十数項目お願いしたのですが、
いただいた回答と資料は、お渡しした質問の10倍以上!

そして、

Tomomi先生からご紹介いただいたのが、
北海道教育大学附属札幌小学校・須合幸司先生。

先生の楽しい食育指導の様子はこちらで → 家族で楽しむ こどもごはん

幼稚園のころから給食が食べられなかった子が、
先生のおかげで給食が食べられるようになったそう。
給食の残菜0(ゼロ)g(米粒1つもなし)は、2回も達成。
五時半起床、十時就寝など、仕事のために徹底した自己管理を
されているそうです。頭が下がります。


白状してしまいますが、
「給食」の栄養教諭・毛利先生の食育活動、自分としては
そこそこユニークなものを考えてきたつもりでいました……。


お二人の活動を伺って、自分の思い上がりを痛感しました。
須合先生の「脳みそハット」、ナマで見てみたいです。


給食のおにいさん 浪人



「給食のおにいさん」シリーズ(あらすじ記事一覧

新刊が10月7日に発売されます。

「給食のおにいさん 浪人」(幻冬舎文庫)

Amazone-hon

表紙で毛利先生が持っているものが、
ストーリーの鍵となります!


シリーズ5冊目となる今回は、
栄養教諭さん、
ホテル給食のシェフ、
そしてフードバンクに
取材をさせていただきました。


発売にあたって、裏話を何回かに分けて
書いていきます。
よかったら、また覗いてください。





「受験」記


残暑お見舞い申し上げます。

「給食のおにいさん 受験」
発売中です!
お読みくださった方、ありがとうございます。


「卒業」を書きながら、
「そのあと」も書ければいいな、と願っていました。

巻ごとに、何かしら
そのときの自分の状況や思いが入ってしまいます。
今回は「パパイヤ」。
この一年を、どうにか乗り切らせてくれた
皆さまの支えに感謝を込めて。

遙か昔の話ですが、
幼稚園だけ、カトリックの園に通っていました。
今でもはっきり覚えているのが
園庭の池、そのほとりのマリア像、
そしてシスターに叱られたこと。
見上げたグレーの修道服と、銀縁のメガネを掛けたシスターの顔は
今でもはっきり覚えています。
白蘭女子学院のイメージはそこから。


とりとめのない話ですみません。

引き続き、
どうぞよろしくお願いします!

ーーーーー
2014年9月24日に
docomoのアドレスからメールを下さった
K.Y子様、返信したのですが戻ってしまっていました。
正しいアドレスをお知らせ戴ければ嬉しいです。
(気づくのが遅くてすみません!)



再び全力疾走中です。
週末は一日、スムージー断食でメンテナンス。

半断食をすると、テンションが妙に上がるのは私だけ?
食べることに費やしていたエネルギーが、
別の形で噴き出すのでしょうか?

給食のおにいさん 受験


暑中お見舞い申し上げます。

給食のおにいさんシリーズ、第4弾

「給食のおにいさん 受験」(幻冬舎文庫)

おかげさまで本日、発売となりました!


幻冬舎さんが、素敵な特設ページを作ってくださいました。
「給食のおにいさん」の一部を試し読みできます↓

『給食のおにいさん』シリーズ最新刊発売記念


そして、こんな企画も↓

あなたの給食の思い出を教えてください

どうぞよろしくお願いします!
また改めて!
(今度は本当に)


遅ればせながら。

今年、平成27年度春の受験で、
芝浦工業大学高等学校、女子聖学院中学校、
精華女子高等学校(順不同)の三校に、
「給食のおにいさん」の一部を使っていただきました。

問題、いくつかトライしてみましたが、詰まってばかりでした……。
「この部分は誰の言葉ですか?」という問いには、
「私の説明が足りなかった!?」と青ざめたり。
まだまだ私は修行が足りません。


修行、というわけではないですが、
「受験」を終えてから、久々にヨーグルト断食を。
豆乳ヨーグルトと野菜ジュースで三日間、おかゆメインで復食に三日間。
復食の梅干し粥と具なし味噌汁が、泣けるほどおいしかったです。


気合いを入れ直して、お仕事に励んでおります。

本屋さんの工作部



↑くじびきハンバーグ!

サクラ書店 平塚ラスカ店 さんにて。

「給食のおにいさん」1巻・1話に登場するメニューを
段ボールで再現してくださいました。

波状の断面で、挽き肉の質感が出ているところが見所。
ちゃんとハート形のニンジンも入ってます。
この凝りようはぜひ! 生で見ていただきたいです。

今「給食」サイン本も置かせていただいています。
そちらもぜひ、お手に取っていただければ。




作ってくださったのは、
「工作部」と呼ばれる凄腕の方々
「本屋さんの工作部って!?」(CREA WEB)

店頭の他の作品も見せていただきましたが、
どれも仕事が細かい!
和食のお皿の縁の反り具合とか職人芸。

実は私は料理模型が大好きで、
合羽橋に行くと毎回、
食品サンプルの店のウィンドウの前から動けなくなる人間で。

サクラ書店さんの段ボールアートは、
つるりと固い食サンとはまた違い、
温かみを感じられるところが魅力です。


写真が上手く撮れていなくて、
上の画像は以前、幻冬舎の営業の方から
戴いたものを使わせていただきました。

画像で見て感激して、どうしても生で見たくてお店へ。
お忙しい中、心よく迎えてくださった
サクラ書店の皆さま、ありがとうございました。


「給食」サイン本




給食のおにいさん 卒業 (幻冬舎文庫)

発売中です。

先週、紀伊國屋書店新宿南口店さん、新宿本店さんにて、サイン本を書かせていただきました。
1巻と2巻もあります。
よろしければぜひ。

画像は上が新宿南口店さん、下が新宿本店さん。
(ありがとうございました!)

ちゃんと書店回りをさせていただいたのは初めてで、
いろいろと学ばせていただきました。

担当の方の言葉、書店さんの裏側、
印象深かったことがいくつもあり、
本当はもっともっと書きたいのですがまた改めて。

再び全力疾走中です。

「卒業」間近


給食のおにいさん 卒業 (幻冬舎文庫)

8月5日に発売です。

前作「給食のおにいさん 進級」
kindle版も発売中です。

「卒業」についてはまた改めて。

一人でも多くの方にお読みいただき、楽しんでいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!


嬉しくもあり寂しくもあり、楽しみもあり緊張もあり……。
卒業式を控えた子どものような心境の、今日この頃です。



食の検定2級、合格しました!

勉強する時間がなかなか取れないので、短期決戦で。
4月末に行われた2級取得講座を受けて、講座終わりに受験。

とにかく暗記することが多くて多くて大変でしたが、
いくつか「卒業」に生かせたので良かったです。




小説「給食のおにいさん 進級」


第2作、発売中です。

給食のおにいさん 進級 (幻冬舎文庫)

お読みくださった方、ありがとうございます!


前作より少し、大人側に重点を置きました。
続編が書けることになって一番よかったのは、
給食調理場の三人組、マトリョーシカが描けたこと。
土田さんは親友がモデル。
妹尾さん世代で三須さんのような小心者の私には、
マトリョーシカが一番身近なキャラクターです。


トリュフ入りお好み焼きのネタは、
昔、おいしいものを食べたことがあって、そこから思いつきました。
書くにあたって実際に作りましたが、
今回は前と違って肉の代わりにツナ、卵は抜き。
初めて自分でトリュフを買いました。
こんなに高いとは。笑

まだ半分残っていて、どう使おうか迷っています。
賞味期限ぎりぎりまで手がつけられなさそうな予感……。


発売日の4月10日、那覇にいた私は、
おそるおそる初めての書店巡りを。

いただいたポップが3枚あったので3店。
声を掛けるのもなかなかためらわれて、
とりあえずきっかけ作りに、文庫本を一冊ずつ買って。笑
ジュンク堂、宮脇書店、くまざわ書店の皆さま、
ありがとうございました。

「進級」のポップは10枚戴いたので、
折々にまた、巡っていきたいです。

入試、進級


「給食のおにいさん 進級 」(幻冬舎文庫)

いよいよ4月10日木曜日に発売です。
先駆けて、

「給食のおにいさん」kindle 版

も発売になりました。

よろしくお願いします!


先日、「著作権利用等に係る教育NPO」さんより、
このブログ宛にご連絡がありました。

「給食のおにいさん」がなんと、
目黒星美学園中学校の入学試験問題に使われました。
(入試を厳密に行うため、で事後報告だそう)

使用許諾の書類とともに、試験問題も送っていただきました。
どんな問題かというと……





1話の毛利がナス姿で登場! から、5ページに渡って引用され、
文章の意味を問われます。全11問。




受験という緊張する場でナスが踊る話。
受験生の皆さんにどう思われたのか気になる……。

パート2


増刷になりました。
新しい帯を作っていただきました。

そして、
「給食のおにいさん・2」の発売が決まりました。

読んでくださった皆さま、ありがとうございます!

この嬉しさで春まで走っていけそうです。


給食のおにいさん (幻冬舎文庫)


ホッとしたのか風邪をひいてしまい、
11月は仕事と咳と、うたた寝で終わりました。
いまもレンコン湯を飲む日々。
早く復活したいです。

小説「給食のおにいさん」発売



明日、10月10日に初の小説が発売になります。

タイトルは「給食のおにいさん」。
内容は……タイトルそのままです。笑


主人公は、子ども嫌いの俺様シェフ。
プライドの高さが災いして、飲食業界に居られなくなり
成り行きで小学校の給食調理員になったもののーー。

『給食は、一に栄養、二にカロリー、塩分、予算。味はその次!』


塩ひとつ加えるのもままならない、
レストランの調理とはまるで違う給食調理。

容赦なく突きつけられる、“残菜率”(食べ残された割合)。

食中毒を防ぐために行う、徹底した衛生管理。
搬入した食材の表面温度や、加熱した食材の中心温度の計測も必須。

限られた時間内での大量調理は、
常に時間との戦い。


給食調理の厳しいルールに戸惑い、いら立ち、
“おいしく作っても食べてくれない”子どもたちに
プライドをへし折られ……。

そんな俺様シェフが、
栄養士や調理員、先生たち、子どもたちとぶつかり合いつつ、

子どもの悩みを料理で癒したり、
子どもたちや先生たちから大切なことを教わったり、で成長する、
人間ドラマ&食育ストーリーです。


といっても、そんなに堅苦しい話ではなく。

給食命の栄養士や、保健室の美人先生、家庭科男子、
美魔女+ヤンママ+ロック系な調理補助員などの
愉快(?)な仲間たちと食べたり騒いだりもします。


給食のおにいさん (幻冬舎文庫)


間に合った……。

幻冬舎文庫の秋のフェアに入れて戴けるということで、
間に合わせるべくギリギリまで作業させていただき、
今はただただホッとしています。
頭の中は真っ白です。

一人でも多くの方に読んでいただけて、
そしてできれば、愛してくれる方がいますようにと、
真っ白な頭の中で、ぼんやりと願っております。

どうぞよろしくお願いします!