お嬢様と「浪人」


「給食のおにいさん」シリーズあらすじ記事一覧) 最新刊

「給食のおにいさん 浪人」 Amazone-hon)

裏話その4は、お嬢様学校卒業生の取材について。


超お嬢様学校・白蘭女子学院中学校に
舞台を移した前作・シリーズ4巻、

「給食のおにいさん 受験」Amazone-hon

に、思いがけず、お嬢様学校出身者からも感想メールをいただきました。


「私の中学校時代もまさに、サバイバルでした」


彼女の出身校は、エルメスのスカーフを
お弁当包みにしている生徒がいるという噂のお嬢様学校。
そして、彼女は「カトレア」。公立小学校出身の外部生。

年齢は二十代後半、華奢で可愛らしい方ですが、
仕事先で初めてお会いしたとき、
落ちついてるなあ……、と感心しました。
きりっとした立ち振る舞いや、
冷静な受け答えのせいだけでなく。
何でしょう、オーラと言いますか、
動じない、腰が据わっている感じがして。


取材をお願いし、中学校時代のエピソードを
聞かせてもらうこと二時間。
その落ち着きの理由が分かった気がしました。

「カトレア」の4人は、彼女を四つに分けて作ったキャラクター。
四人の抱える悩み苦しみを、彼女がは一人で経験したのです。
まさにサバイバル。
書きながら、中学校時代の彼女の辛さを思って胸が痛みました。


上手く書けたかな……とドキドキしつつ、
完成した5巻を彼女に送ったところ、

「作品に活かしていただいて、サバイバル時代のことも経験して良かったと思えます」
「お焚き上げされたよう」

と言ってもらえて一安心。

初めての、「苦悩」の取材を通じて、
取材する側の責任というものを、学んだ気がしました。


もちろん、苦悩以外のエピソードもたくさん。

同級生の豪邸の中だけで映画が撮れる、
(バー、ジム、パーティールーム、広大な庭など何でもある)
というエピソード、使いたかったです!