フードバンクと「浪人」

鳥取地震の被害に遭われました皆さまに
お見舞い申し上げます。
お住まいの皆さま、不安な思いをなさっていることと思います。
どうかご無事でいらっしゃいますように、
そして一日も早く、安心して過ごせる日が来ますよう、
心よりお祈りしております。




「給食のおにいさん 浪人」のために、
フードバンクで二度目の取材をさせていただいたのは、
熊本地震のあと、五月に入ってすぐでした。
熊本に向けて食料を大量輸送している、慌ただしい中で
ご協力いただいた
セカンドハーベスト・ジャパンの広報・田中さん、
そしてスタッフの皆さまに、改めて御礼申し上げます。

セカンドハーベストジャパン


フードバンクについて知ったのは、
「給食のおにいさん」シリーズの担当編集者、
Kさんに、東京新聞の記事(2015年8月27日)をいただいたのがきっかけです。
すぐに「フードバンク 東京」で検索して、
2回ほどボランティアに参加させてもらい、
その上で改めて取材をお願いしました。


いま、フードセキュリティ
(安全かつ充分に栄養のある食べ物を得られること)
が欠けている人は、約230万人いると見積もられているそうです。

パントリー業務という、
食料困窮者に送る食品を詰め合わせる作業をさせてもらったのですが、
最初に携わり、現実を目の前にしたときの、
身のすくむような思いは、一生忘れないと思います。




知ったこと、感じたことは、
書ける限り、作中に書いております。
未読の方、よかったら読んでやってください!


「給食のおにいさん 浪人」 (幻冬舎文庫) Amazone-hon

「給食のおにいさん」シリーズあらすじ記事一覧




ボランティア参加者のサインが一面に。
私もさせてもらいました。緑色の英文字で。


作中に登場する、
タクシーのエピソードは実話です。実話なんです……。