『新型うつ』の本が出ました

去年お仕事させて戴いた
『NHKスペシャル 職場を襲う“新型うつ”』の本を戴きました。

『職場を襲う「新型うつ」』NHK取材班

オンエア後の番組への反響や、
登場した患者さんのその後なども載っていて、
番組を思い出しながら一気に読んでしまいました。



一番、心に残ったのは、
母親から精神的に自立することによって自分を肯定し、
新型うつから回復していった女性の記録。

“自分がない” 頃の彼女の姿に、
「ああ、私にもある(あった)、こういうの……」
と重なってしまった部分がいくつもあったのと、
“いばらの道”とあるほどの対決や自省を経て
強くなっていく姿に心打たれたのと。

“現代は昔よりもはるかに「自分」というものを
作らなきゃいけなくなっているのではないか”

社会学者・古市憲寿さんのコラムにあった言葉。

そんな「自分」ありきの現代で、
今だに(いい年して)迷える私がもしも若い時代を
過ごしていたとしたら、
新型うつ、決してありえなくはないな……などと思ってしまいました。


ゴールデンウィークは仕事です。

初めてのジャンルではないのですが、
「新人さんのつもりでお願いします」とのことで、
とにかく柔軟を心がけて取り組んでいます。
春ということもあって新鮮な気持ち。
フレッシャー!(鏡は見ずに言う)


仕事しつつの楽しみは、甜菜糖で仕込んでみたフルーツ酵素。
早く発酵しないかな。

骨格矯正の春

引き続き、お寺ネタの探求中です。
静かなお寺をうろつき、資料で「御仏の言葉」などを読み、
先日一泊修業で教わった瞑想もときどき。

そのせいかこのところ、妙にフラットな心持ち。
心身ともに春霞に包まれてしまったような。
悟りの疑似体験、なんてね。






↑毎年楽しみにしている新宿・常円寺の桜。

昼、夕方、そしてライトアップされる夜。
時間帯ごとに色を変える桜が見たくて、ついつい寄ってしまいます。


今、カイロプラクティックで骨格矯正中。
二週間に一度通院して頑張っています。

いや、施術を受けるだけなんですけどね、
痛みがなかなか大変で。
痛いよ!

一番の目的はX脚の矯正で、
ふくらはぎのゆがみを伸ばしたり、
骨盤から張り出した大腿骨を内側に押し込んだり、
というのがメインなのですが、
他にも鎖骨の位置を下げて首が長く見えるようにしたり、
肩甲骨を平たくして姿勢を良くしたり、と、
身体の各パーツを正しい位置に戻していきます。

施術を始めてそろそろ八カ月目くらい。
「僕の努力をムダにしないでね!」
と先生がいうので、体操もして食事にも気をつけるようになり、
このところ少しづつ効果が目に見えるようになってきました。

そんなに細くはなっていないけれど、
前よりはゆがみが取れてきている……と思います!


いつも不思議に思ってしまうのは、
“足首のねじれを取る”のに両手の指の間接を伸ばしたり、
“骨盤を整える”のに背中をグキッとやったり、
整える場所と施術する場所が違うところ。

“すべては繋がっている。すべてがバランス。
大切なのはバランスを整えること”
なんだそう。


ここにも悟りが!