「バー極楽」単行本化します


文芸カドカワで連載させていただいた「バー極楽」が
8月30日に単行本となって開店いたします。

舞台となる「バー極楽」は、私の理想の店。
お酒の心地よい酔いを“ふんわり”と言い表しますが、
お疲れ気味のお客様の心を、ふんわりと受け止める店を目指しました。

未掲載の最終章に加え、大幅に加筆修正を行っております。
初来店の方はもちろん、連載時にいらしてくださった方にも、
また新たに楽しんでいただけるかと。
お立ち寄りいただければ嬉しいです。


美しき看板姉妹は、
漫画家のはらだ先生が描いてくださいました。
裏側には、「欲と食の極楽」で物思う僧侶・照月も。

店の雰囲気も含めて、どれも作中で描いた以上に魅力的にしていただいて
感謝で手を合わせております。
小道具などもリアルに描いてくださっているので、
読みながら見ていただけるとより楽しめると思います!



「キッチン・ブルー」文庫版が発売しました



2015年11月に刊行した「キッチン・ブルー」が文庫になりました。

担当のHさん入魂のカバー絵は、
マキヒロチさん(「いつかティファニーで朝食を」)が描いてくださいました!

Hさんが「“映え”るものにします!」と力強く仰ったとおり、
可愛くて美味しそうな本にしていただけて感激です。

そして解説は、
乾ルカさんが書いてくださいました!

鋭くて温かく、そして
乾さんご自身の切ないエピソードも明かしていただき、
読ませていただいたときに涙が出ました。
もう、本文より読んでいただきたいくらい素晴らしい、そして有り難い解説です。


なんだか他力本願といった感じになっておりますが……


肝心の中身は、
訳あって単行本のときと話順を変えまして、
それに伴って大幅に加筆訂正をしております。

文庫版で最終話となった「キャバクラの台所」のラストに、
書けばよかった、とずっと後悔していた三行を加筆することができました。
機会をいただけて本当に嬉しかったです。


「キッチン・ブルー」文庫版、
ご一読いただければ幸いです。
よろしくお願いします!


「イメコン」インタビュー掲載


発売中のダ・ヴィンチ七月号に
「イメコン」(創元推理文庫)に関するインタビューが載っています。
執筆に至るきっかけなどを語らせていただきました。
よろしければご覧ください。

ダ・ヴィンチニュースでも「イメコン」を紹介していただいています。
https://ddnavi.com/review/463704/a/


東京創元社さんのアイドル・くらりさんと記念撮影。
ちょうど手のひらに乗るサイズで触り心地がよいので、
サインの手を休めるときに揉んでました。



100冊にサイン


ミステリーに初チャレンジした連作短編集、
「イメコン」(創元推理文庫)が5月31日に発売されます。

2月に「ミステリーズ!」に掲載された1話「キラースマイル」と、
新たに書き下ろした3話の計4話です。

小説「プライマリー・カラーズ」を読んだことがきっかけで
イメージ・コンサルタントに興味を持ち、
面白い話にできたら……と
「美容指南書をあれこれと読」み始めたのが 2011年の春

「進級」を書いているときに、
東京創元社さんからお声掛けいただき、この小説を書くことに。
スケジュールの関係で何度かの中断を挟みましたが、
ちょうど七年目の今年、何とか形になります。


東京創元社さんに本日お邪魔して、
100冊にサインをさせていただきました。

画像の左端、中ほどにあるスマホのような薄緑色の長方形のものは、
文庫サイズの台。

右側で、この台にめくった表紙などを載せて固定していただき、
真ん中で私が標題紙にサインをさせていただくと、
左側から引き取って紙を挟んでいただくという流れ。

2時間くらいかかるのかな、と思っていたら
担当編集者さんも含め、皆さんの手際の良さに助けていただいて
何と30分ほどで書き終えることができました。
現場の方ってすごい、と改めて思った次第。

サイン本、これから何軒かの
書店さんに旅立っていくそうなので、
どこかでお目に掛かったらよろしくお願いいたします!


記事とサイドバーに本の写真を載せたら
爽やかな色合いで一気に夏っぽくなって嬉しいです。
早川世詩男さんに素敵な表紙を描いていただきました。


ミステリーズ! Vol.87


本日発売の「ミステリーズ! Vol.87」に、「イメコン」が掲載されます。
イメージ・コンサルタントが探偵役となる話です。

ひさびさに男子コンビの話を書きました。
読んでいただければ嬉しいです。



最近ハマっている食べものは、くるみバターです。
くるみって脳にいいんですよね。すがる。

ローストしたくるみって、マク○ナルドの匂いがしませんか?