書評掲載と取材『千のグラスを満たすには』


「ちゃんと書けてましたか?」

題材にした職業に実際に携わっている・いた方が作品を読んでくださると、そう尋ねたくなります。
鈴木涼美さんから戴いた書評(『波』12月号 掲載)を読むのも緊張しました。今回はとくに、ほぼ資料と想像で書いたからなおさら。

キャバクラが舞台だったり、キャバ嬢が登場する脚本を書いてはきたけれど、私が実際に営業中のキャバクラに行けたことは、実は一度しかありません。
今回の執筆にあたっては、編集者さんがアレンジしてくださった取材に、かなりの部分を助けてもらいました。

取材協力としてお名前を載せさせていただいたお二人は、ナイトビジネス界の人材派遣、デコレーションの第一人者。
お目にかかる前は勝手に、派手でハイテンションなパリピ的な方を想像していました(すみません)。でも実際にお目にかかると、お二人とも服装こそカジュアルですが、冷静沈着なビジネスマン。
そして話が面白い! ナイトビジネス事情はもちろん、合間の金言にも聞き入ってしまいました。


“大事にしてるのは裏側の仕組み。整理整頓、ものがどこにあって、全部準備されてるっていうオペレーションが僕は勝ちだと思ってて。仕組みで回していかないと”

キャバクラなどのナイトビジネスでシャンパンタワーや花、店内装飾を手がける会社、株式会社Gothamの西山社長の言葉。インターネットで会社のことを知って、編集者さんに頼んで取材させていただきました。


“お金に執着するとナンバーワンにはなれない、ナンバーワンになるとお金がついてくる。トップキャストには留学、起業、美意識、プライドなど、何かしらお金以外の目標があり、金を惜しまず自己投資をして自分を磨く”

キャバクラ求人会社『姫リク』の松本社長は、ブログを読んだ編集者さんが「絶対面白いお話が聴けそう」と取材をアレンジしてくださいました。大阪にいらっしゃるので、取材はスカイプで。


文字起こししてもらった取材テープ、編集者さんがまとめてくださった取材メモ。ナイトビジネス界のノンフィクションとしてだけでなくビジネス書としても、何度読み返しても面白いです。

やはり現場にいる方の言葉、リアリティーは強い……と思いつつ、『千のグラスを満たすには』、負けないように、感情面でのリアリティーを盛り込めるように精一杯書かせていただきました。


“自分の価値が上がる日常を生きるのは救いがあるが、価値が下がる日常は時に耐え難い。でもだからこそ仕事場としての魅力が強く人を惹きつけるのだ”

緊張しながら拝読した鈴木涼美さんの書評『カラの心を満たすもの』も、キャバクラ、キャストの光と影や、彼女たちを駆り立てるものを鋭く分析してくださっていて敬服しました。
『波』12月号 に掲載されているので(二度書く)、ぜひ読んでいただきたいです。

追記:BookBangで読めるようになりました
カラの心を満たすものーー遠藤彩見『千のグラスを満たすには』レビュー



『千のグラスを満たすには』発売しました


バーの次はキャバクラ。その裏側を描いたお仕事小説、書き下ろしです。

黒服、ドライバー、美容師、店長。そして、“感情労働”に励むキャバ嬢たち。

出勤して、頑張って、ときに落ち込んだり、板挟みになって悶えたり、自己嫌悪で悩んだり……。
寝る時間を削って営業や勉強、悔しくても辛くてもぐっと我慢。昼夜逆転していても規則正しい生活。華やかな仕事を支える、地味な努力と根性、自己管理。

単行本 『千のグラスを満たすには』https://www.shinchosha.co.jp/book/339682/(新潮社) は、そんな“キャバクラで働く人々”の物語です。

すべてを捨てて上京したものの、崖っぷちに立たされた新人キャバ嬢、
コミュ障なのに美女たちのお世話をすることになった送迎ドライバー、
挫折して美容師に転身した元キャバ嬢、
身勝手な部下に振り回されるストレスで謎の病を発症した指名係、
成績は上々なのになぜか出世できずに焦りを募らせる店長。
そして、日本最大の歓楽街に君臨するカリスマキャバ嬢。

それぞれ、どんな夜明けを迎えるのでしょうか?

同じキャバクラ・ジュビリーを舞台にした『キャバクラの台所』で起きた事件の犯人も、さりげなく明かされております。
そう、『キッチン・ブルー』文庫版で話の順序を入れ替えたのは、今作のためでした。

師走が近づいて慌ただしくなっていくこの時期、お疲れの方も多いかと。
キャバクラ・ジュビリーでパーッと気分転換、そして元気になっていただければ何よりです!

『キッチン・ブルー』刊行のときも書きましたが(→こちら)、キャバクラの舞台裏を描くきっかけになったのは、脚本家時代にロケ先で撮った十数枚の写真。
まさか短編一本+単行本丸一冊を書くことになるとは。無駄にしねえな(by照月@『バー極楽』)

装丁の絵はイラストレーターの梅林佳奈さんが描いてくださいました。
気品と可愛らしさ、強かさと不安、プライドと欲。話中に登場する女子たちのさまざまな面を感じ取れる、素敵な絵にしていただいて感謝しております。
彼女を書店で見かけたら、ぜひご指名を宜しくお願いいたします!

長くなるので続きはまた。


「バー極楽」単行本化します


欲と食の極楽、開店します。

舞台はお寺バー。少々ヘタレな新米僧侶が、強欲美人姉妹の力を借りて、煩悩に振り回される人々を“解脱”させていく話です。

帰宅拒否症でバーに居着いてしまったサラリーマン、
人に言えない恋に胸を焦がして仏にすがる箱入り娘、
可愛い孫息子の心配をよそにゴミ屋敷に立てこもる祖母、
すべてを完璧にこなすために、ある「クスリ」を貪り食うワーキングマザー。

お酒の心地よい酔いを“ふんわり”と言い表しますが、
お疲れ気味のお客様の心を、ふんわりと受け止める店を目指しました。

単行本『バー極楽』(KADOKAWA)は、文芸カドカワ未掲載の最終章に加え、大幅に加筆修正を行っております。
バー極楽自慢の「原価激安・コスパ最高」のおつまみも大盛りにさせていただきました。

初来店の方はもちろん、連載時にいらしてくださった方にも、また新たに楽しんでいただけるかと。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

美しき看板姉妹は、
漫画家のはらだ先生が描いてくださいました。
裏側には、「欲と食の極楽」で物思う僧侶・照月も。

店の雰囲気も含めて、どれも作中で描いた以上に魅力的にしていただいて
感謝で手を合わせております。
小道具などもリアルに描いてくださっているので、
読みながら見ていただけるとより楽しめると思います!


「キッチン・ブルー」文庫版が発売しました



2015年11月に刊行した「キッチン・ブルー」が文庫になりました。

担当のHさん入魂のカバー絵は、
マキヒロチさん(「いつかティファニーで朝食を」)が描いてくださいました!

Hさんが「“映え”るものにします!」と力強く仰ったとおり、
可愛くて美味しそうな本にしていただけて感激です。

そして解説は、
乾ルカさんが書いてくださいました!

鋭くて温かく、そして
乾さんご自身の切ないエピソードも明かしていただき、
読ませていただいたときに涙が出ました。
もう、本文より読んでいただきたいくらい素晴らしい、そして有り難い解説です。


なんだか他力本願といった感じになっておりますが……


肝心の中身は、
訳あって単行本のときと話順を変えまして、
それに伴って大幅に加筆訂正をしております。

文庫版で最終話となった「キャバクラの台所」のラストに、
書けばよかった、とずっと後悔していた三行を加筆することができました。
機会をいただけて本当に嬉しかったです。


「キッチン・ブルー」文庫版、
ご一読いただければ幸いです。
よろしくお願いします!


「イメコン」インタビュー掲載


発売中のダ・ヴィンチ七月号に
「イメコン」(創元推理文庫)に関するインタビューが載っています。
執筆に至るきっかけ、イメージ・コンサルタントやコンサルティングに興味をもったきっかけ等を語らせていただきました。
よろしければご覧ください。

ダ・ヴィンチニュースでも「イメコン」を紹介していただいています。
https://ddnavi.com/review/463704/a/


東京創元社さんのアイドル・くらりさんと記念撮影。
ちょうど手のひらに乗るサイズで触り心地がよいので、
サインの手を休めるときに揉んでました。